奥野晴明堂 疫病退散香

奥野晴明堂 疫病退散香

  • ¥1,100
    単価 あたり 
税込


古来インドのアーユルベェーダ(インド大陸の伝統的医学)、
ギリシャ、アラビア半島のユナニ医学、
そして、中国医学
世界三大伝統医学であるいづれの国々の焚き香料(お香)は、
「楽しむ香」(精神的)
「医療香」(肉体的)
両方の重要な役割を果たしてきました。
この「疫病退散香」は、その漢方生薬を生成し練り上げたお線香です。

「疫病退散香」は、伝統ある調合を基に
「陳皮」を主原料に、白檀等の漢方生薬を生成し練り上げました。
漢方生薬 [陳皮]
ウンシュウミカン又はマンダリンオレンジの成熟した果皮を
干したもので、 漢方薬の原料のひとつです。

我国の「古事記」「日本書紀」に
「不老長寿の果実」と記載されています。

漢方薬として有名で、

主に、胃もたれ、消化促進、食欲増進、
風邪による喉の痛みや咳などに用いられます。

ほんのり柑橘系の香りがする爽やかな香りです。